☆プロフィール☆

若葉

Author:若葉
2007年11月29日に相方のharuちゃんと想い出のディズニーシー・ホテルミラコスタで挙式。まだまだ新婚気分♪

関西在住で生まれも育ちも関西。犬好き、映画好き、テーマパーク好きでその他趣味多数。(ただし飽きっぽい・・・)

おもしろい事からマニアックな事までいろいろ楽しく更新できたらいいな♪ 

実家のワンちゃんブログも更新しますので、よかったらお付き合い下さいネ♪♪

新しく仲間入りしたkoharuと、いつか3人でミッキーに会いに行きたいなぁ!!


☆結婚記念日☆


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 7月4日某日の夕方・・・。

 「今から帰るけど、でかけられる用意できてる?」 ←バイト上がりの電話。

 「はぁ?めっちゃスッピンですけどぉ~」

 「俺、今から帰ってシャワーするから、その間に眉毛書いちゃい!」

 「どこ行くつもりなん!?」

 「ソフトバンク

 いよいよ、相方待望の機種が入ってきたらしいのだ。それで、晩ゴハン前に機種交換しに行った
  
  DSCF6671.jpg

 かれこれ6、7年ぐらい使っている携帯・・・。フタの液晶画面はすでに壊れて見れなかった。

 メールもさかのぼるとつきあっていた頃からのものだ。結婚前に挙式の打ち合わせでメールで喧嘩した内容も残っていて懐かしかった。

 逆に嬉し恥ずかしいメールも残ってたりするんだけどねぇ~

 私の相棒としてがんばってくれた携帯・・・。ほんまにお疲れ様でした

 
 そして、新しい相棒になった携帯。眉間にしわ寄せ格闘すること数日、ようやく慣れてきた。

  DSCF6749.jpg

 相方は話題のiPhone 4をゲットして、コツコツ楽しそうに設定中・・・。

 「わかばちゃん、ちょっとこれ見てぇやぁ~」 ←嬉しそう(笑)

 「なに?」

 「アプリ入れてん」
 
 相方がiPhoneを振るとブゥーン、ブゥーンと音がする。

 「この音っ

 「分かった?ライトセーバーやねん

 「ちょっと貸してぇ~」

 振りまわすとブンブン音がなる。ただそれだけの機能だけど“STAR WARS”好きにはおもしろい!!

 グルングルン、iPhoneを回してたら・・・。

 「ちょっと、もう返して わかばちゃんにまた壊されるわぁ

 「せっかく、すっごい技を見せたろうと思ったのに

 「音、出るだけやけどなぁ。ネタになるかなぁと思って入れてん。ライトセーバーの種類も変えれるねんで」
 
 「へぇ~。おもろいなぁ。スターウォーズごっこできるやん。シスの暗黒卿(←悪役)したろか?haruちゃん、オビ・ワンやってもええで~」

 「あんた、iPhoneないやんか」

 そうだった。私は持ってないからできないんだ(笑)

 おもしろい機能が色々ついてるみたいだけど、私はiPhoneいらない派!

 携帯は電話ができて、メールができて、カメラがついてたら充分だと思うのだ。お財布機能とかもいらないから安くして欲しいぐらいだ。

 だけど、相方にとっては電話であり、おもちゃのようなツールなのかもしれないね。

 新しい相棒というより、お友達ってかんじかな?(笑)

 ゴルフゲームとかもリアルに楽しめるみたいだから、また一緒に遊ばせてもらおうっと


  


 
 みなさんにはすっかりご心配をおかけしました。haruはすっかり元気になりました。私も(よく食べるので)すこぶる元気です。夕飯に2人で2合食べるぐらいなので、風邪もすぐに治るみたいですね(笑)

 さて、今回はブログネタになるような会話をしたのでさっそく載せちゃいました(笑)

 興味のある方はご覧くださいませ~~~。

  

続きを読む>>

 「うちの息子はほんまに沸点が低いねん」とharuちゃんのおばさんは言う。

 「うちもそうかもしれん・・・

 「あー、それは似てるわ。haruとうちの子はそっくりやもん。仕草とかほんまに似てるしな。まぁDNAやから仕方ないけどな。それにしてもすぐに怒りよるねん。沸点の低い男(=息子)やわ」

 「瞬間湯沸かし器みたいやねぇ」

 「いや、ティファールやわ。瞬間切れるから、質(たち)悪いわ。haruもそうちゃう?」

 「うーん・・・haruちゃんはどうやろう?ジャーポットさんかも

 「アハハハッ!!湧いた後に持続しよるんやな。それも質悪いなぁ~」
 
 「じゃあ、(haruの)おっちゃんは?」

 「おっちゃんか・・・おっちゃんは土鍋やな

 「土鍋!?」

 「そう!グツグツグツグツ煮えて、急に吹きこぼれるねん

 「それ一番やっかいかも・・・

 「一番、質悪いでぇ。いつ吹きこぼれるか分からんし、ほんま、どこに切れてるか分からへんねんから。え?どこ?あんたはどこで怒ってるん?ってかんじやで

 「あははっ。分かる気がするわぁ~

 以上、haruおばとの会話でした。ティファールさん、ジャーポットさん、土鍋さん・・・どれも大変だ

 結構、おもしろいタイプ分けができたと思うんだけど、さてみなさんはどのタイプに当てはまるんでしょうか??? ちなみに私はティファールタイプだと思う・・・。

  


 先日、母が大阪~和歌山方面にバス旅行に行っていて、お土産を買って来てくれた。

 「あんたのとこ、カレー好きやろ?」とカレー醤油と「煮物作るのに使い!」と煮つけ醤油
「haruちゃんの弁当に入れたり」と梅干し(夕飯に食べたけどうまかったぁ)をもらった。

   P1010324.jpg

 醤油工場を見学したり、お寺に行ったりしたらしい。
好奇心をくすぐられるおもしろい話を知るきっかけにもなった


   

続きを読む>>

 それは安珍・清姫伝説だ。母は私のイトコに昔話の本をお土産に買ってきていた。ちょっとその本を見せてもらったんだけど、先にお土産をharuちゃんのおばさんに持って行くように言われたので持って行った。

 釣鐘饅頭を持って行ったら、haruおばが「わかばちゃんも食べていき~」と言ってくれたので食べていくことにした。コーヒー片手に蓋をあけると、絵草紙が1枚入っていた。

 おいしい饅頭(本当にうまかった。アンコ嫌いな私が食べれたぐらい)をかじりながら、「どんな伝説やったっけ?」という会話をしていた。

 そこで私はついさっき見た土産の本の話をした。

 「なんか、清姫が蛇になって釣鐘に入った安珍を黒コゲにしちゃったらしいよ~」

 「安珍はなんか悪さをしたんやろうか?」

 「浮気とか?」

 「そもそも、安珍はなんで執念深く追いかけられたんやろ?」

 「焼き殺すって今でいうストーカー殺人やんねぇー」

 と、女2人が1枚の絵草紙で盛り上がっているところにharuちゃんのおじさんが帰ってきた。

 博学なharuおじが言うには・・・。

 「庄屋さんのところに安珍が泊まったときに、そこの娘(=清姫)が一目惚れして、修行中の安珍についていったけど、安珍が拒んだから恋しくて追いかけてとうとう蛇になって、お寺の釣鐘の中に隠れた安珍をグッルグル巻きにして焼き殺したんやろ」

 「って、安珍ぜんぜん悪くないやん」

 「安珍にしたらエライ迷惑な話やなぁ」

 「確か、そうやったと思うけど・・・」

 3人で1枚の絵草紙を眺める・・・。好奇心がウズウズしだした私たちはさっそくネット検索。

 「へー。清姫は安珍に裏切られたって思ってたんやなぁ」

 「だからって黒コゲになるまで焼かなくてもいいやんねぇ」

 「女の恨みって怖いよなぁ~。蛇になってまうもんな」

 「安珍も悪いよなぁ。清姫をきっぱりふらないからあかんねん」

 たった1枚の絵草紙で盛り上がる3人。お土産を届けて家に帰ってその話をすると母は大笑いした。 

 母は安珍・清姫伝説をお寺の住職さんが巻き物を見ながら聞かせてくれたと言っていた。綾小路きみまろのような語り口調でおもしろかったそうだ。住職さんも今でいうストーカーですと言っていたそうだ(笑)


 いつの時代にも、“かわいさ余って憎さ百倍”って感情があるのかもしれない・・・だからといって焼き殺したらあかんやろうけど 実に興味深いお話でした

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。