☆プロフィール☆

若葉

Author:若葉
2007年11月29日に相方のharuちゃんと想い出のディズニーシー・ホテルミラコスタで挙式。まだまだ新婚気分♪

関西在住で生まれも育ちも関西。犬好き、映画好き、テーマパーク好きでその他趣味多数。(ただし飽きっぽい・・・)

おもしろい事からマニアックな事までいろいろ楽しく更新できたらいいな♪ 

実家のワンちゃんブログも更新しますので、よかったらお付き合い下さいネ♪♪

新しく仲間入りしたkoharuと、いつか3人でミッキーに会いに行きたいなぁ!!


☆結婚記念日☆


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 日曜日に仕事に行くharuちゃん。勤務内容はハードだ・・・。
だから、がんばってもらおうと思ってお弁当を作ることにしている

 起きてすぐにボーッとしたまま(低血圧&貧血ですで作るので、お弁当のおかずを落とした。 「ギャァァァ~」と言う自分の声で完全に目を覚ました 「しもたぁ~。落としてしもたぁ~」と軽くプチパニック 

     そんなハプニングはあったけど、無事完成

   001.jpg

 haruちゃんは大好きな隠れミッキーを探すことができるかな???

 「全然、隠れとらんやん・・・」

 お弁当のフタを開けた時の声が聞こえてきそうな気がするよ(笑)

  

 
 最近、腹周り、腰回り、太ももが非常に気になる・・・

 前々から相方haruちゃんは「太ももというより太々(ふとふと)ももやな」とか「コアリズムした方がいいで」とか色々言われていた。

 風呂上がり、ふと自分の姿を見たらマジでやばいと思った。太ももがブヨブヨだし、全体的に大きくなった気がする。背中、こんなにたくましかった?二の腕じゃなくて前足じゃないか~


 その事を「大変だぁぁ~」と相方に言ったら・・・。

 「だから、俺は前から言うてるやん」

 シレッと言いよる

 「わかばちゃん、マジでほんまにやばいで」

 お腹や(haruちゃん曰)太々ももの贅肉を掴みながら言う。

 「でもさぁー、まだ細いって言われるねんで」

 ちょっと自分をフォローしてみた。

 「あんたさー。どこの赤の他人が本人、目の前にして「太ってるね」って言うねん。お世辞って気付かんかぁ?」

 スバッと言いよるな

 「俺は厳しいピーコさんやからな」

 自ら言った・・・ ツッコんでやろうと思ったのに・・・

 「俺の見てる前でコアリズム10回やったら、服こうたる(買ってあげる)わ」

 「マジで??」

 「やる気でるやろ?1コース10回やで」

 「おぉ。でてきた」

 「ポイントカード作らなあかんな。ラジオ体操と一緒やな」

 ラジオ体操とポイントカードの思いつきになんか満足してるみたい(笑)

 さて私は・・・。ポイントを稼ぐために“コアリズム”復活! 汗みどろになるし、しんどいけどがんばらな!

  


  
 結婚してからお揃いで買ったスリッパがボロボロになってきたので、新築に引っ越した後に買い換えようと思っていたけど、もったいないのでずっと使っていた。だけど、履くと蒸れてかゆくなる・・・ボロボロは我慢できるけど蒸れるのとかゆいのは我慢できない (水虫になっても困るしね

   そこで、夏らしくスッキリッ スティッチの健康スリッパを買いました!
   P1010323.jpg
              もう、かゆくなることもないっ

 スリッパのフチ部分がラメラメになってて、お花の刺繍もメッチャかわいい
カタログ雑誌で見るより(想像していたより)もかわいかったのですごく気に入ってしまった。

 
 「かわいいやろ~」

 さっそく、仕事から帰ってきた相方のharuちゃんに自慢した。

 「あ、スティッチ!かわいいなぁ~。俺も買おうかな~」

 「カタログ見る?」

 夕飯の後、カタログ雑誌を見ると色違いはミニーちゃんとマリーちゃんのみ。

 「マリーちゃんもミニーもかわいすぎるから、俺もスティッチ、買おー」

 「えぇ~。かぶるやん。家でミニーちゃん使うんやったらいいやん」

 「俺は男の子やで」

 「いや、そこ関係ないし」 『すでにディズニー好きなところで乙女やと思うけど・・・』(←心の声)

 家でかわいいスリッパを履いてることは黙っといてあげるからと説得したけど相方は「やだ」の一点張り 結局、ミニーちゃんを注文してそれを私が使い、haruちゃんがスティッチを使うことになった・・・。スティッチの方が夏っぽくてよかったのになぁ


 その数日後・・・。

   今日、ミニーちゃんスリッパが届きました
   P1010322_20090530182020.jpg
          まぁ、いいか~。かわいいし。 もラブリーだし
  
  
  
      チューハイ
         最近、夫婦でお気に入りの缶チューハイ。
        スパークリングワインみたいで飲みやすい。

 食前酒だけど、夕飯後にハッピータウンを食べながらまったり飲んでいる。
今日のロードショーは“ダイハード2” 映画はハードだけど、我が家は平和やなぁ~~~

 私は今日仕事を休んで家にいたのでharuちゃんより早めの週休だ。毎月の恒例のに日・・・。痛くて吐きそうでフラフラだったのでゴロゴロしていた。だいぶマシになって今は元気だけど、鎮痛剤を飲んでいたことを忘れて、一杯やっちゃったけど・・・まぁ、いいや。明日は休みだし

 相方haruちゃんもまったり中。「疲れた~。暑い~」と帰ってきてすぐにお風呂に入った。さっぱりしてから、がっつりゴハンを食べてチューハイを飲みながら携帯ゲームをしている。ほんま平和やねぇ。

 今週も仕事が忙しかったharuちゃん。
だけど、昨日は「帰りにナプキン買ってきて~。血だらけやねん」頼んだら、嬉し(嬉しくはないだろう)恥ずかしドラッグストアに寄って買ってきてくれた。今日は私が寝込んでいるだろうと思って「弁当買って帰ろうか?」と電話をくれたり・・・優しいじゃないの!?

 痛いときやしんどいときに優しくされると、ホロッときちゃいますね。

 ありがとね~ 

 来週は早起きしてお弁当の日を1日増やしてあげようかなぁ~

  
   

海外ドラマ

 夜な夜なはまっていること・・・。それは録画しておいた海外ドラマを見ること!

 「1日あったことをリセットするには、違う世界に入り込むのが1番!」ってことで、睡眠不足の原因にはなるけど見てしまうのだ

 
 1番はまっているのは“クリミナル マインド”シリーズ。
FBIの行動分析課のメンバーが殺人犯や誘拐犯などの凶悪犯をプロファイリングしながら探すお話だ。そのスリルがたまらないのだけど、見ているとちょっと怖くてベランダの窓を閉めたり、玄関ドアがキチンと閉まっているか確認してしまう。防犯にも役に立つドラマだったりする。。(これって私だけだろうけど) 
 それにメンバーの捜査官たちが個性的でかっこいい。チームで謎を解いて犯人逮捕するのを見るとすっきりする。「よかったぁ」という安堵のすっきり感だと思う。
 女性捜査官たちの服装なんかも見るのが好きだったりする。やっぱり、かっこいいのでミーハーな私は憧れちゃうんだよなぁ~

 あと、“CSI 科学捜査班”シリーズと“CSI ニューヨーク”もはまり中。
これは亡くなった被害者を元に犯人を分析して捕まえるので“クリミナル マインド”に比べるとドキドキ感はないけど、プロ根性で犯人逮捕する姿がいいなぁと思う。科学捜査ってほんますごいなぁ~て、感心してしまう。

 ベタだけど、“24”には夫婦揃ってはまっている。だいぶブームが過ぎているけど、ジャックのものまねをする人が本当に似てるのか見てみたら、どっぷりドラマにはまっちゃったのだ

 “BONES”もおもしろい。骨になった被害者から死因が分かるってすごいなぁと思う。骨から復元する技術もすごいなぁ~って。

 とまあ、FBIやCSIとかのスリリングなものが好きなんだけど、ある意味スリリングな“デスパレートな妻たち”もおもしろい。ギリッギリとか絶望的って意味らしいけど、ありそうでありえないお話を見ていると日常のしんどさが忘れられたりする。ある意味、日常生活もスリリングなのかもねぇーって客観的に見れる(笑)

 それから“SEX AND THE CITY”これはもう、恋愛の教科書というより、雑誌を見るかんじかなぁ~。「ほぇ~。そういう恋愛もアリなんやぁ」ってかんじで見てます。

 やっぱり、はまっちゃうと続きが気になってやめられない。止まらない。(カッパエビセンみたいだ) 
夜更かしは良くないけど、これまたやめられない、止まらないですね・・・

  
 実家で生い茂っているアロエ・・・。
最初は小さかったけどドンドン成長したらしく鉢からはみ出している。

 「大きくなったなぁ~。鉢から出て動かすのも重たいわ」と母が草むしりをしながら言っていた。

 「切っちゃえば~?邪魔なんやろう???」と私。

 「そうやなぁ。こんだけ育ってたら充分やな。あんた、持って帰る?ヤケドしたときいいで」

 「えぇ~、いらんわ~」

 「かわいそうやけど切ろう。アロエ、ごめんね~」

 母はアロエに謝ってから伐採をした。


 その後・・・。
私は熱いうどんの汁で指をヤケドした。そして、伐採されたアロエのお世話になった。

 そして、夕飯を作っているとき・・・。
今度はガスコンロに指が触れてヤケド。そして、そのすぐ後に熱くなった食器乾燥機の金属部分に腕が当たってヤケドした。

 これって、呪われてる?? ただ単にドジなだけ???

 滅多にヤケドしないのに1日のうちに3回もヤケドするって・・・

   アロエの・・・呪い???

 「切っちゃえば」って言ってごめんね、アロエちゃん・・・

 アロエを伐採するときは「ごめんね」と言ってから切るのをお勧めします
  
  

 
 前にもUPしたことがあるけど、私も相方も毎週楽しみにしている番組がある。
それは世界の果てまでイッテQだ。

 ほんまに腹を抱えて笑ってしまうのが珍獣ハンターイモトちゃんだ。彼女の言動はもう天然記念物級のおもしろさで彼女自身が珍獣だと思う(笑) ほんまにおもしろくて毎週楽しみにしている

 それから世界のお祭り男の宮川大輔さん。今週も爆笑させてもらいました。
彼の「あかーーん」と叫ぶ声を聞くと、こちらが「あかーーん」っていうぐらい笑ってしまう。笑いすぎて腹が痛くなる。涙が出るときもあるぐらい

 仕事続きで休みがなくお疲れ気味なharuちゃん。大笑いしてちょっと元気になったかな?
今日は早めに就寝して元気を回復しないとね。また明日も仕事がんばらないとあかんしね


 今週も笑わせてくれて、ありがとう!!

 
 「来週も楽しみやわ~。録画しよっ!」

 「サメが出るからやろ」

 相方のするどいツッコミ・・・。

 来週はイモトvs人喰いサメ。なぜかサメ好きな私が喰いつくのも仕方ない。


 次週もほんま楽しみ~。やっぱ楽しみや笑いって毎日の生活に必要だと思う
笑う門には福来たるっていうし、この勢いでインフルも吹き飛ばしちゃわないとね!!

  


 結婚式のあとのお食事会を思い出してみました。
haruちゃんのイトコにもらったCD-ROMが引っ越しの箱の中から出てきたので思い出しがてらUPすることにした。

   00110017.jpg

 ちょっぴり訳ありで、ビターなお話でもありますが・・・

   

続きを読む>>

 この食事会・・・いわくつきだった

 そもそも、結婚するのは大変だったのだ。

 うちの両親は「好きなようにしたらいい」と言ってくれたけど、haruちゃんのところは「なんで東京で?しかもなんでディズニーでしないとあかんねん」だった。色々、haruちゃんも説得したけど、最終的には押し切った。

 「自分たちの結婚式で、誰のための結婚式でもない」

 結局は2人だけで結婚式をして、顔合わせの食事の場を作るということになった。お金に余裕があるなら2回、結婚式をしたらいいけどそういう訳にもいかない。一応、親への譲歩のつもりだった。


 だけど、私の方の親戚たちは大賛成だった。特にイトコたちはディズニーLOVEだったので無条件で行くと言ってくれ、ありがたいことにお祝いにきてくれた。だから、式も賑やかになってよかった。(ただ単にミッキー&ミニーに会えて嬉しかっただけなのかも・・・

 披露宴をする予定はなかったけど、haruちゃん側の親戚で食事会をしようという話が持ち上がり日取りなども決めてしまい・・・もめた。

 私になんの相談もなかったからだ。

 うちの両親も“寝耳に水” 私は寝耳に大水だ!

 まぁ、そういういきさつもあったけど、「どうせするならドレスを!」ということになった。それはうちの母のたっての希望だった。

 そりゃそうだよね。娘のウェディング姿見てないもんね・・・。

 でも、そうすると「ただの食事会なのに、披露宴になってしまうじゃないか!」という声も・・・。

 本当にもめにもめた。食事会の前日は喧嘩して事故を起こしたほどだ


 だから、今まで封印してたんだけど・・・。

 だけど今となっては、してよかったと思う。わだかまりがあったけど、したことによって和やかなお付き合いができるようになったんだしね。

 雨降って地固まるってかんじかな・・・。今がよければいいかぁ~と思えるようになった。
あの時の大変さがあるから、今をやっていけてるんじゃないかなぁと思う。

 近々、イトコが結婚する。
みんな、それぞれいろんな道を通りぬけていくんだよね。ほんま色々あるけど、みんなが幸せになれたらいいね!! 
 「Hちゃん、今が1番しんどくて忙しくて大変やろうけど、がんばれ! 幸せな花嫁さんになってね」
  

  2008年1月15日  『夢のつづきは甲子園で!』

  


 今日はエアコン取り付け工事の日。
暑い日は窓を開けて耐えていたが、さすがに雨の日はエアコンがないと暑い。暑がりのharuちゃんが悲鳴をあげないうちに(すでにもう暑い、暑い言うてるけど)電気屋さんとしているharuおじさんに工事をしてもらった。haruちゃんの助手でお手伝い。

 私はというと・・・。ここ最近、愛用しているヘルシオちゃんでクッキング!
前々から何とかしないといけないと思っていたバナナ・・・黒くなって腐りかけ・・・



 超適当だけど、一応今日のレシピ

 ☆材 料☆

 ・ ホットケーキミックス・・・100g
 ・ 砂糖・・・30gぐらい(←しかなかった。味見したらもう少し多くてもいいと思う)  
 ・ バター・・・50gぐらい(適当です。バターがなくてマーガリン使ったぐらいだし)
 ・ 卵・・・2コ
 ・ チョコチップ・・・適量(砂糖の量が少なかったので多めに入れました)
 ・ 腐りかけのバナナ(普通のでいいですが、ちょっと黒くなってるぐらいが甘い)・・・3本
   (残ってたから3本使ったけど2本で充分足りる)
 
 ☆作り方☆

 砂糖とマーガリンは混ぜ合わせる。クリーム状になったところにグニョグニョにつぶしたバナナ(2本分。なければ1本分でもいい)と低温の溶き卵を一緒に入れて混ぜ合わせる。ホットケーキミックスを入れてさっくりまぜる。型(100均で売ってるものを使用)に流し入れる。その上にチョコチップをばらまいて、スライスしたバナナ(1本分)を全体に乗せる。

 そして、ウォーターオーブン170度で35分ほど焼く。ヘルシオちゃん、後は頼みます!


     P1010317.jpg

 あら熱が取れて、味がなじんだ頃に食べるのがおいしいだろうと夕飯後に食べました。ほんのり甘くておいしかった 

 あんまりアテにならないレシピですが、腐りかけのバナナがもったいないと思ったら試してみては?


 余談ですが・・・。
私は「腐りかけのバナナァ~♪」とある歌の替え歌を口ずさみながらバナナをつぶしていた。このパウンドケーキを作るテーマソングになりそうな予感です(笑)


  

 
 今年も観てきました~♪♪♪

 2007年 名探偵コナン ~紺碧の棺(ジョリー・ロジャー)   2007年 コナンブログ
 
 2008年 名探偵コナン ~戦慄の楽譜(フルスコア)  この年は特にハプニングはなかった(^^;)
 
 2009年 名探偵コナン ~漆黒の追跡者(チェイサー)

 コナンが見れるだけで充分な私は満足だった

 だけど、もうちょっとドキッとするシーンがあってもよかったかなぁとは思う。

 CMで流れているシーンを見ると、ダイハードにドンパチなるのを期待していたんだけど・・・。

 子ども向けだから内容が複雑になったりしちゃいけないかなぁ~。

 もうちょっとスリルとサスペンスのエッセンスが欲しかったなぁ~。

 でも、コナンフルメンバーが出ていたのでよかった、よかった

  


 今日、haruちゃんは仕事で帰ってくるのが遅いので実家で夕飯を食べた。
食後のデザートにアイスが食べたくて近くのドラッグストアに私が買い出しに行くことになった。

 「何アイスがいい?買ってくるものは??」

 ワンコたちはどこかに連れてってもらえると期待大の顔をしていた。

 「ジャーキー買ってきてあげるから待っててね」

 「私、バニラでいいわ」 「俺、チョコかバニラ」 母、弟が答える。

 「お父さんは?」

 「わし、飲みもん(=飲み物)こうて(=買って)きてくれや。ほっぷなやつ!」

 「ほっぷ!?」

 「ホップ ステップ ジャンプのホップかいな!?」と母。

 「違うがな~。これやこれ~」

 父は冷蔵庫からペットボトルを出してくる。

 「あー。炭酸かいな~。なんやねん、ホップって」

 「そうや。スッキリするやつこうてきてくれや」


 ほっぷ・・・母、ナイスツッコミ。


 今は自宅に帰ってゆっくり過ごしているけど、父のほっぷがおもしろかったので調べてみた。

 ホップ

 炭酸ってイメージがあるといえばある。
だけど、うちの父がその意味を知っていたかというと・・・。たぶん知らないだろう。

 やはり、母のツッコミはするどい。“ホップ ステップ ジャンプ”が語源だろうと思う。
速効に、ずばりのツッコミが出るところがさすが夫婦だな(笑)


  


 先日、母が大阪~和歌山方面にバス旅行に行っていて、お土産を買って来てくれた。

 「あんたのとこ、カレー好きやろ?」とカレー醤油と「煮物作るのに使い!」と煮つけ醤油
「haruちゃんの弁当に入れたり」と梅干し(夕飯に食べたけどうまかったぁ)をもらった。

   P1010324.jpg

 醤油工場を見学したり、お寺に行ったりしたらしい。
好奇心をくすぐられるおもしろい話を知るきっかけにもなった


   

続きを読む>>

 それは安珍・清姫伝説だ。母は私のイトコに昔話の本をお土産に買ってきていた。ちょっとその本を見せてもらったんだけど、先にお土産をharuちゃんのおばさんに持って行くように言われたので持って行った。

 釣鐘饅頭を持って行ったら、haruおばが「わかばちゃんも食べていき~」と言ってくれたので食べていくことにした。コーヒー片手に蓋をあけると、絵草紙が1枚入っていた。

 おいしい饅頭(本当にうまかった。アンコ嫌いな私が食べれたぐらい)をかじりながら、「どんな伝説やったっけ?」という会話をしていた。

 そこで私はついさっき見た土産の本の話をした。

 「なんか、清姫が蛇になって釣鐘に入った安珍を黒コゲにしちゃったらしいよ~」

 「安珍はなんか悪さをしたんやろうか?」

 「浮気とか?」

 「そもそも、安珍はなんで執念深く追いかけられたんやろ?」

 「焼き殺すって今でいうストーカー殺人やんねぇー」

 と、女2人が1枚の絵草紙で盛り上がっているところにharuちゃんのおじさんが帰ってきた。

 博学なharuおじが言うには・・・。

 「庄屋さんのところに安珍が泊まったときに、そこの娘(=清姫)が一目惚れして、修行中の安珍についていったけど、安珍が拒んだから恋しくて追いかけてとうとう蛇になって、お寺の釣鐘の中に隠れた安珍をグッルグル巻きにして焼き殺したんやろ」

 「って、安珍ぜんぜん悪くないやん」

 「安珍にしたらエライ迷惑な話やなぁ」

 「確か、そうやったと思うけど・・・」

 3人で1枚の絵草紙を眺める・・・。好奇心がウズウズしだした私たちはさっそくネット検索。

 「へー。清姫は安珍に裏切られたって思ってたんやなぁ」

 「だからって黒コゲになるまで焼かなくてもいいやんねぇ」

 「女の恨みって怖いよなぁ~。蛇になってまうもんな」

 「安珍も悪いよなぁ。清姫をきっぱりふらないからあかんねん」

 たった1枚の絵草紙で盛り上がる3人。お土産を届けて家に帰ってその話をすると母は大笑いした。 

 母は安珍・清姫伝説をお寺の住職さんが巻き物を見ながら聞かせてくれたと言っていた。綾小路きみまろのような語り口調でおもしろかったそうだ。住職さんも今でいうストーカーですと言っていたそうだ(笑)


 いつの時代にも、“かわいさ余って憎さ百倍”って感情があるのかもしれない・・・だからといって焼き殺したらあかんやろうけど 実に興味深いお話でした

 うちには辛口コメントのピーコさんがいる。相方のharuちゃんである。
辛口コメントというより激辛。いや、暴言に近いかもしれない・・・。


 激辛コメント その1

 ピッタリしたTシャツにひらひらミニのスカートにレギンス&レッグウォーマーの部屋着を見て・・・。

 「キャッツアイの出来損ないみたいなカッコして・・・」

 すかさず鉄拳が飛んだ っていうか、キャッツカードをぶつけてやろうかぁ~


 激辛コメント その2

 ついさっきのひとこと・・・
なんかのTV番組で二の腕を5分モミモミしたら贅肉が胸になるらしいという内容を見ていたらしい。

 「AカップがHカップになるってすごいよなぁ。若葉ちゃんさ~、二の腕が山のようにあるんやから・・・」

 コアリズムをやり遂げた後でフラフラだったけど、すかさず鉄拳が飛んだのは言うまでもない


 だけど・・・確かに太った しばらく、まじめにコアリズムしよぉっと

  

 LOVE...

 ライターをしているキャリーの最初の書き出しのように書いてみた


 WOWWOWで録画していた“SEX AND THE CITY”を観た。今、エンディングが流れているけど、なんだか感慨深かった。独身の気持ちも既婚の気持ちも分かるだけに「うーーん」ってかんじだった。


 ※ 深夜の戯言になってます。お付き合い下さる方はつづきをどうぞ~

   

続きを読む>>

 深夜にたまたまドラマをしていて見るようになって映画版も観たくなった。まだまだこのドラマのマニアには程遠い。ただのちょっぴりエロいドラマだろうと思っていた。(←ファンの方、ごめんなさい)

 だけど、大勢の女性ファンがいるのは当たり前かもしれないと思う。主人公たちは恋や仕事、それから友達を大事にしていて、おしゃれだし、憧れの存在というより等身大といったかんじなのかもしれない。だから、はまるのかもしれない。


 今回の映画版は主人公のキャリーが結婚する。結婚を決めた相手とは何度も別れて、苦労してきてようやっとなのに、式の当日に花婿がこないのだ。花嫁はすっぽかされてしまう。ネタをばらしちゃうと結局はヨリを戻す。

 だけど、その傷心のキャリーを救うのは個性的な親友たち。その親友たちもそれぞれの悩みを抱えている。恋も友情もまた見物だと思う。


 私が1番よく分かったのは・・・実はビック(=逃げた花婿)の気持ちだったりする。相方とかぶるんですよね 相方は別に式当日に逃げたわけではないですが(笑) きっと男の人もマリッジブルーあったんじゃないかなぁと思う。(今になればだけど)

 結婚となると女性が主役になる。まぁ、ウェディングドレスを着るのは女性だから、当然と言えば当然なんだけど・・・。でも、実際に結婚してみて思うことは結婚は1人でするものじゃないのだ。女性も主役であり、男性も主役である。

 キャリーも最後には自分で気付く。
 「自分1人だけになっていた」 ビックの事を思いやっていなかったことに・・・。
 「結婚する前は幸せだった」 お互い思いやることができたからうまくいっていたことに・・・。


 うちの相方はもう寝ている
映画のオープニングのときは起きていたので聞いてみた。

 「結婚するの迷ったことある?」

 「うーん。どうやろな。結婚してから大変やったような気が・・・」

 「そうやなぁ~。よく喧嘩したもんなぁ~」


 冗談抜きで離婚の危機もあった。今だからネタにできるだけど、ほんとにひどい時期もあった。

 「我を張り過ぎると、うまくいくものもうまくいかへん」

 母に言われた言葉だ・・・。お互い思いやることをしなかったら夫婦なんてやってられないって意味だろうと思う。ほんとにその通りだ。


 ラストのキャリーのセリフ・・・。

  『人をブランドで判断するのはもうよそう。花嫁、花婿、夫、妻、既婚、独身・・・。

  その人自身が見えなくなるからだ』

  『“愛”色褪せない最高のブランドだ』



 本当にその通りだと思う。
人はすぐに質問する。「結婚してる?」「独身?」 結婚してたら「子どもは?」「夫婦仲は?」

 「結婚しててもしてなくても、その人はその人でしょう?」

 「子どもがいたらえらくて、いなかったらダメなの??」

 「その人はその人じゃないの?」


 最近、強くそう思っていただけに“目からウロコ”だった そう、人はブランドじゃない。その人はその人でオリジナルなんだよ。未婚者でも既婚者でも違った悩みがある。子どもがいてもいなくても悩みはあるんだよ。

 「あ~!! なんかホンマすっきりした!!」


 深夜までマシンガンガールズトークをした気分だ。

 人それぞれ、悩みは違う。
相手が誰であれ思いやることができる人には倍以上の幸せが帰ってくる。

 当り前のことだけど、大事なことを思い出せたみたい。幸せ気分をお裾わけしてもらったし、風呂入って寝ようっと♪♪♪


   SWEET DREAMS!!


  

 夕方のニュースで神戸ではほとんどの人がマスクをつけてる放送されていた。

 「うちもマスクいるなぁ~」

 疲れて仕事から帰ってきて、風呂上がりで扇風機の前を陣取った相方がニュースを見ながら言う。

 「マスク、売り切れやって。うちもいるやんなぁ?」

 「haruちゃんはいいマスクがあるやんか」

 「・・・・・」

 「シュコー、シュコーって言うけど、完全防備やで」

 「・・・言うと思ったわ」

 シレーッという相方。せっかく人が和ませてあげようと冗談を言うたのに

     デジカメ画像 008


 「マスクかぶって、実家に行ったらワンコたちびっくりするかな?」

 「びびると思うよ」

 
 夕飯前の平和な会話でしたが・・・またまたニュース速報でインフルエンザ情報・・・


 手洗い、うがい、早寝早起き、しっかりゴハンを食べて、規則正しい生活を心がけて抵抗力をつけるしか予防法はないですね・・・

 ゴハンに関してはパーフェクト!夫婦2人とも、味噌漬けのステーキをモリモリ食べました
 

  


 
 
 
 今日は朧月夜家と一緒にボーリングに行った


   初ボーリングの姫ちゃん。上手に投げれるかな???
   DSCF5123.jpg

 ガーターよけの壁があるし、お子様用ボールもあるし今の子どもたちは恵まれている。
私たちのときはハンデなんかなくてシビアだったのに・・・。


 初めてにしては姫ちゃんは上手で、ちゃんと助走をして上手に投げていた。姫ちゃんの順番の時はほのぼのぉ~としているのに、大人たちの順番になると回が進むごとに負けず嫌い魂で燃えていた 姫ちゃんは壁のお陰で結構いいスコア。下手すると姫ちゃんにも負けてしまいそうだし、球を投げるのにも力が入る


 パワフルな朧月夜さん。さすが体育会系
   DSCF5125.jpg

 ボーリングの球を曲げることに凝っているうちの相方。
  DSCF5131.jpg


 2ゲームして疲れた私は「3ゲーム目は、夫婦でペアを組んでせぇへん?」と提案をした。
この戦いは夫婦の作戦会議とチームワークが要求されるのだ。どっちが先に投げてどっちがリペアをするか協力が必要なのだ!!

 でも、回が進むたびに朧月夜さんが殺気立っている気がした(笑)
そのプレッシャーに負けそうだったが、とりあえず私たち夫婦が勝利することができた。なんか・・・次回にリベンジされそうな気がする


 まぁ、そんなかんじで和気あいあいとボーリングを楽しみました。はりきりすぎてちょっと疲れてたけど、いい運動になってよかった

  
  


 観てきました~。おもしろかったぁ~。

 迫力があって建物とかにも圧倒された。やっぱり、小説もいいけど映画だと分かりやすい。
小説を読んだ事はあるけど、すっかり忘れちゃってました。犯人は知ってるんだけどね・・・

 小説は小説、映画は映画の楽しみ方ができるのでアリやと思う!!
読んでない人も楽しめると思う。相方のharuちゃんは原作を覚えているらしく少々物足りなさを感じていたけど、単純な私はすっかり映画の中に入り込んでしまってビクッとなるシーンもありました。ネタバレになっちゃうのでノーコメントにしておきます。


 それにしても・・・ユアン・マクレガー。声が渋いし、やっぱりかっこええ~!それにどう見てもオビ・ワンに見えてしまった。  ※ haruブログでもUPしてます

 ※ 一切、ネタがばれるのが嫌だという方はスルーしてくださいな。ちょっとマニアックです
  
   

 

続きを読む>>

 ユアン・マクレガーが十字を切って「神のご加護がありますように」のシーンが、「フォースと共にあらんことを」と言ってるように聞こえるし、ヘリで飛ぶシーンには「飛ぶのは嫌いだ」と言ってるように聞こえる。オビ・ワンとリンクして見えちゃうし、幻聴がするのは私だけ???と思っていた。

 でも、後でharuちゃんも「オビ・ワンに見えたわ」と言っていた。
“STAR WARS”ファンにはそう見えるのかもしれません・・・


 それはさておき、“天使と悪魔”を観て、ちょっと考えさせられた。エンディングのスクロールを見ながら、ふと考えを巡らせていた。

 「人間の心には天使も悪魔もいてるんやなぁ」と思った。人にはすがるものが必要で弱い生き物だから正義にも悪にも左右されるものだと思う。だから、神や悪の存在を信じるんじゃないかなぁと思った。

 天使は「神を信じている」「神にすがりたい」「神を信じたい」という心を持っている人の心に宿っているのだと思う。でも、光があるところには影の部分がある。天使の心も時には魔が差すことがある。そういうときに悪魔の心が宿るんじゃないだろうか・・・。善があるから悪があるわけだし、表裏一体だ。それって、すごく大きなテーマだと思う。そういうことを改めて考えることができてなんだか崇高な気分を味わえました(笑)


 劇中、ラングドン教授(=トム・ハンクス)が神父のユアン・マクレガーに質問されていた。

 「あなたは神を信じますか?」

 ラングドンが答えるには「科学と宗教は別なものだし・・・」みたいな事を言っていた。つまり、完全には神を信じるということはできないって意味だろう。

 「あなたは神を信じますか?」

 もし、私が聞かれたらラングドンと同じかもしれない。だって、目に見えるものじゃないし・・・ だけど、私は信じたいと思う。それは私自身強い人間じゃないから、確実に天使と悪魔が心の中にいてるもん。だから、信じたいと思うのだろう。救いになる存在を求めているんだと思う。信仰や宗教は人類が作り上げたものだとは思う。そう主張してしまうと宗教戦争になってしまうかもしれないけど だけど、例え人類が作ったものでも万物の神の存在は信じたいなぁと思う。ほんと深いテーマです


 迫力があってミステリーなのでとても楽しめる映画だった。でも、見方を変えるとまた違った楽しみもできる映画だ。十人十色、いろんな意見はあるだろうけど私はおもしろいと思った!

 哲学的に考えたり、謎解きが好きな人は楽しめると思いますよ~

  
  
 映画を見る前にブラブラ買い物していた。

  プツンッ・・・カシャンッ

 どこにも引っかけてないのにプッツリとスーパーセブンのブレスレットが切れちゃった。こないだ修理して帰ってきたばっかりで、おでかけするから今日、初めてつけたのに

     P1010318.jpg

 また修理に出さないといけないよ

   



 今日は久しぶりに映画に行きます

 「金曜の晩に“天使と悪魔”行かへん?」

 と、相方haruちゃんのお誘いがあったのでレイトショーに行きます
夕飯は食べてから出かけるので、仕事から帰ってすぐに食べれるようにハッシュドビーフを作っているんだけど・・・。牛肉がない!肉なしにしようか??? それはちょっと寂しいよなぁ

 先にたまねぎをアメ色に炒めておくだけでもだいぶ時間短縮ができるし、ゴハンも予約炊飯して、肉を投入するのは帰ってからにしよう。


 さてさて。夕飯の心配よりも楽しみなのが映画のこと
原作はおもしろかったけど、今イチ想像つかなかった。というのも、芸術作品やモデルになってる建物も分からないし、地理も分からないという部分が分からなかった。映画だとそれを目で見て理解することができるから、より分かりやすくて入りやすいんじゃないかなぁと思う。

 今からワクワク!! 楽しみやわ~
  2009年5月12日の『うちのワンちゃんブログ』更新しました。 ←ここをクリック!

  P5120306[2]
  

 
      
  ポチッとワンクリックお願いしまっす
    “子どもの日”の前から近くの川で飾られている鯉のぼり。

   P4270299.jpg

今日も気持ちよぉぉ~く泳いでいます。いつも散歩のときに見ているけど風流でいいよね~

 

 引っ越しして、ドタバタしてました。
実はまだ段ボールが残っていたりする・・・。まぁそれは自分の部屋の荷物で徐々に片付けようと思っているんだけど

 バッタバタしていた理由は他にもあって、冷静になれない自分がいたって最近気付いた。長くなるし、ヘビーな話になっちゃうんだけど・・・。

 
 
  
 続きをおつきあい下さる方は続きをポチッとして下さいな。

続きを読む>>


 バッタバタの原因は自分で自分を追いつめてしまって余裕がなかったんだと思う・・・。

親しい友人に子どもができて、そして年下の二十歳のイトコにもできて・・・。結婚生活をして「そろそろ、子どもが欲しいなぁ」と思いだしていて基礎体温をつけたりしていたから、ちょっと・・・いや、かなり焦っていたのかもしれない。ぶっちゃけイトコの衝撃妊娠報告はショックだった。競争じゃないけど、先越されたってかんじだ。私の方が欲しがってるのに、なんで???って・・・。


 それに悪気がないんだろうけど、周りの「子ども、まだ?」って言葉。
欲しいだけに、すごいプレッシャー。それからズタボロに傷ついてきた。

 「なんで、私にはできないんだろう???」って悩んだり、毎日、泣いたりしていた。


 今は「子どもが欲しいという気持ちより、体裁を気にしていたのかも?」そう思えるようになった。

 子どもを諦めたわけじゃないけど、待つことにしようと思えるようにもなってきた。焦る気持ちが完全に消えたわけではないけど、子どものことで今から夫婦仲が悪くなっても仕方ないし、相方と楽しく過ごして今を満喫するのもいいかなぁって。

 そう思えるようになったのは、学生のときのお友達の心のこもったお手紙と6年ぶりに再会したお友達のおかげだったりする。(もちろん相方の励ましのおかげでもあります。ありがとう!)


 今日、久しぶりに会った友達は3つ年上。6年前と変わらずきれいだった。結婚式の写真を見せ合いっこしたり、いろんな話をした。

 それから、子どもの話題にもなった。
彼女も子どもがいなくて不妊外来に通ったこともあるらしいのだ。色々、検査をして処方された薬を飲んでいたらしいけど、薬の副作用がしんどくてやめちゃったらしい。子どもが欲しくないわけじゃないけど、まずは夫婦で楽しく過ごして自然に任せることにしたらしい。

 「焦ってても仕方ないしねぇ~。そのうち授かるでしょう」と笑って言う。

 見とれてしまうぐらいきれいな笑顔だった。彼女がきれいな理由はきっとストレス解消が上手なのだと思う。毎週、サルサダンスのレッスンに通っていて、お家では時間を作ってコアリズムをしているらしい。

 「ほんとは毎日コアしようと思ってるけど仕事で遅くなると、なかなか続かないんだけどね~」

 私よりも彼女の方がハードなはずなのに時間を上手に使い、きれいを持続している。


 なんだか、目からウロコ・・・。

 そして、単純な私は憧れのお姉さん的存在な友人に触発されて、素敵な時間を過ごした帰りに美容グッズを買って帰ったのだ。


 すっかりリセットされた迷える子羊の私。久しぶりにすっきりしたぁ
6年ぶりの再会で元気ときれいになる秘訣を与えてもらいました。


 人は人、私は私。人を羨んでも仕方ない。

 晴れることもあれば雨が降ることもある。人の人生も天気と一緒なのかもしれない。

 でも、やっぱり晴れの日が続いたらいいなぁとも思う。

 自分のことで精いっぱいで人のことを思えることができなくなっていたけど、今はちょっと思えるようになってきた。

 みんなに幸せがやってきますように

 そして、haruちゃんと喧嘩しつつも楽しく過ごせますように

 それからいつか天使が舞い降りてきますように


 

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。