☆プロフィール☆

若葉

Author:若葉
2007年11月29日に相方のharuちゃんと想い出のディズニーシー・ホテルミラコスタで挙式。まだまだ新婚気分♪

関西在住で生まれも育ちも関西。犬好き、映画好き、テーマパーク好きでその他趣味多数。(ただし飽きっぽい・・・)

おもしろい事からマニアックな事までいろいろ楽しく更新できたらいいな♪ 

実家のワンちゃんブログも更新しますので、よかったらお付き合い下さいネ♪♪

新しく仲間入りしたkoharuと、いつか3人でミッキーに会いに行きたいなぁ!!


☆結婚記念日☆


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 デジカメや携帯を持って、イトコのYちゃんがよく遊びに来る。

 19歳のYちゃんの夢は結婚&出産らしい。

 「haru君みたいな人と結婚したいねん

 そう言われて、相方は照れ笑い ←まんざらでもなさそう

 私の持っている育児本や内祝いの雑誌にも興味津々で、koharuの面倒もみてくれる。(こないだはオムツ替えをしてくれた)

 あと、イトコのMちゃんも顔を出してくれる。

 彼女は保育師の資格を持っていて乳幼児のお世話のプロである。

 そして、来年3月に結婚するので、やっぱり出産に興味がある。(Mちゃんの妹も去年12月に出産したばかりだし)


 そんな2人が口を揃えて聞くのが・・・。

 「陣痛って、やっぱりめちゃめちゃ痛い?」

 「わかばちゃん。呼吸法教室、真面目に通ってたけど、痛いのマシやった?」 

 陣痛って、痛いの!?

 そんなもん、痛いに決まってる

 呼吸法をしようが、何しようが、最後の最後は・・・最期!! ←何回も死にそうだった。実際、死にはしないけど(笑)

 痛いなんてもんじゃない

 「え・・・。私、生理痛で痛すぎて吐くことあるのに

 「あるなぁ。気絶する子もいるしなぁ ←私も2日目は痛すぎて吐き気&のたうちまわる

 「それ以上に痛いの?ずっと痛いの?」

 「うーーーん。痛いのはずっとじゃなくて、何十秒間がめっちゃ痛いねん。その感覚が徐々に短くなっていって最期は無意識に絶叫してたかも 痛いのは痛いけど、出したいのを我慢する方がしんどかったなぁ。下痢でキリキリ痛いのに出しちゃダメみたいなかんじで、それが余計に痛かったわ」

 「出したいって、koharuちゃんを?」

 「ちゃうちゃう。う○ことオ○ッコ」

 「へっ

 「koharuの頭が子宮の下の方にいてて、出したくても出せなかってん。チョロチョロしか出ないし、それで余計に腸とか膀胱とか、とにかくお腹と腰が裂けそうなぐらいに痛かったなぁ
 
 「へーー。聞いてると出産って怖くなってきた

 「助産師さんが言ってたけど、楽しいお産ってよく本に書いてるけど、実際は壮絶なんやって。事実を書くと怖がる人がいるから書いてないんちゃうか?って言うはったなぁ。でも、なるようになるよ。いい助産師さんがついてくれたら、ほんとに安心するで」

 「私もわかばちゃん担当の助産師さんがええなぁ」

 「指名できたらええのにね~。痛かったけど、スッキリしたよ。10ヶ月分の便○解消したみたいなかんじ」

 「便秘って

 「死ぬ思いで産んだから、その分、かわいいしね

 「ほんまにかわいいもんね~」

 「Yちゃんやったら、私より、いいお母さんになれるんちゃう?」

 「そうかなぁ~。その前に彼氏、探さないと haru君、私、彼氏できるかなぁ?」

 「Yちゃんやったらできるやろ~」

 「うーーん。わがまま、直さないといかんわ」

 「そこは別にいいんちゃう?」 「どういう意味!?わがままな嫁へのあてつけ!?」(笑)

 19歳のYちゃん・・・。

 私もこの頃に相方と出逢ったんだよねぇ。

 まさか結婚して、koharuを授かるとは思ってなかったけど(笑)

 YちゃんもMちゃんも、いつか陣痛を乗り越えてママになる日がくるだろう。

 そのとき、ちょっとでも助けになったらいいのになぁと思う。

 私自身も、多くの人に支えられたから・・・。

 きっと1人じゃ、最期まで持たなかっただろう。

 koharuと出逢えたのは、支えてくれてた人のおかげだ。

 感謝を込めて・・・。 ほんとにありがとう


 陣痛・・・。

 ほんとに痛いものだ。

 だけど、その波を越えると天使のようにかわいい子に逢える。

 私自身、途中で何度もくじけちゃったけど ←罪悪感と自己嫌悪に陥った。なので、koharuにはちゃんと謝った

 ママが痛いときは赤ちゃんもそれを感じて、一生懸命、逢うために産まれてこようとしてくれる。

 小さいけど、存在感はすごく大きい。

 産まれる前も産まれてからも、koharuにはすごく助けられている。

 多くの人に支えられて出産したけど、元気に産まれてきてくれてありがとう!!

 遠い未来、いつかkoharuがママになるときに支えになれたらいいなぁ。

 その前に、パパはお嫁に出すかどうかは問題だけど(笑)

 まだまだ先の話だけど、ちょっと思い描いてつぶやいてみた


  

コメント

うふふ

こんばんは^-^
妹の出産メールにも、やはり陣痛が死にそうなくらい痛かったとありました。男には絶対に耐えられない痛みなんでしょうね~><
うふふ。もう、koharuちゃんの結婚のときのこと考えてる~♪なんだか、とってもほほえましいです^-^

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。