☆プロフィール☆

若葉

Author:若葉
2007年11月29日に相方のharuちゃんと想い出のディズニーシー・ホテルミラコスタで挙式。まだまだ新婚気分♪

関西在住で生まれも育ちも関西。犬好き、映画好き、テーマパーク好きでその他趣味多数。(ただし飽きっぽい・・・)

おもしろい事からマニアックな事までいろいろ楽しく更新できたらいいな♪ 

実家のワンちゃんブログも更新しますので、よかったらお付き合い下さいネ♪♪

新しく仲間入りしたkoharuと、いつか3人でミッキーに会いに行きたいなぁ!!


☆結婚記念日☆


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 事件は昨日(7月11日)起きた・・・。

 私とkoharuは朝10時から始まるベビーマッサージの教室へ自転車ででかけた。

 家を出てすぐにkoharuが寝ちゃったので、自転車を止めて首がグラングランしないようにストールで固定して日が当たらないように調節した。

 早めに出ているとこういうときにゆっくりできる。

 koharuが寝やすいようにソフト運転で自転車をこいでいた。 
 
 気をつけて運転していたけど、マンション出入り口から自転車が飛び出してきた。

 いきなりだったのでよけきれずに激突。

 一瞬の間だったけど、koharuを守らないといけないと思った。

 腕と身体でかばって、こけてkoharuが打たないように自転車を何とか支えた。

 koharuが無事か手足を触ったけど、koharuはぶつかっても寝たまんま。←今思えば、大物だなぁと思う。親バカだけど(笑)

 私は、胸を強打して息が一瞬できなくなった。

 利き手の右手首と小指は痛くて動かない。

 koharuをおんぶしたまんま、座りこんで動けなくなった。

 ぶつかってきた女の子は学生さんと思うぐらいの若い女性だった。

 「大丈夫ですか?急いでて。立てますか?」

 「ちょっと、今、無理・・・」

 息が苦しかった。

 これはダメだ。

 誰かに来てもらわないと。

 背中で寝ているkoharuを涼しいところに連れてってやらないと熱中症になっちゃう。

 私も汗がダラダラ。

 暑さもあるけど、やばいという状況と痛さで尋常じゃないぐらいの汗が出てきた。

 とりあえず、現場から近い実家の母に電話するが留守。

 その次に近い、haru叔母のところに電話した。

 すぐに出たけど、すぐに駆けつけるのは無理で「ちょっと待ってて!何とかして行くようにするから」だった。

 ジリジリ太陽が照りつけてくるし、打ったところはズキン、ズキン。

 「あの、仕事で、急いでるんで・・・」

 女性は自転車に乗って行こうとする。

 「これ、事故だよ。自転車同士だけど」

 事の重大さを理解してないのについついイラッとして素で言ってしまった。
 
 会社も大事だけど、人命の方が大事やろ? ←命に別条はないけど。
 
 2人でぶつかっただけなら、たいした事になってないかもしれない。

 koharuをかばった分、怪我をしてしまった。

 そもそも、おんぶして乗ったのがいけなかったかもしれないが、起こってしまったことはどうしようもない。

 ただ、前抱きにしてなかったことと、koharuが固定されて寝ていたことは不幸中の幸いだったと思う。

 もし、前抱っこだったら、強打していたのはkoharuだった。

 固定されずに起きていたら、おデコをぶつけて大泣きしていたかもしれない。

 
 動けなくてうずくまりながら、相方に連絡しようとした。

 簡単ボタンを押して電話しようとしてるのにクリアボタンを押しちゃったり、気が動転しているせいか、携帯の操作が分からなくなっていた。

 騒ぎを聞きつけて、数人の人がやってきた。

 「大丈夫?」

 「警察、電話した?」

 「救急車、呼ぼうか?」

 「自転車同士でも後々痛くなったら大変やから警察呼ばないと!」

 おばさま方が心配してくれた。

 救急車は大袈裟だし、とにかく、誰かkoharuを連れて帰って欲しくて連絡をしたかった。

 相方の電話はつながらなかったので、会社に電話した。←電話帳検索にすごく時間がかかった。

 「お母さんは連絡とれないやったら、Nおばさんに電話しぃ。警察も呼んだ方がええかとか相談したらいいから。やっぱり、先に警察呼んどき!俺もすぐに帰るようにするから」

 思考回路が切れてる私に的確に言ってくれた。

 とにかく、koharuをどないかしないと! 

 しっかりしないと!!

 110番のボタンを押す事ができた。

 事情と場所を説明することもできた。

 警察が来るまで、時間がかかるだろう。

 それまでに、木陰に移動したかったけど立てなかった。

 「大丈夫!? koharuちゃん、無事か?」

 天の声かと思った。

 母が自転車で駆け付けてくれたのだ。

 「Nちゃん(haruのおばさん)が知らせに来てくれて、飛んできてん!」

 母が来てくれて、ホッとした。

 おんぶしていたkoharuを抱っこして木陰に避難してくれた。

 周りの賑やかな状況にようやく気付いたkoharuはびっくりして泣いた。

 「koharuちゃん、大丈夫か? 熱くなって!! 水分補給せな」

 母が哺乳瓶でお茶を飲ませてくれた。

 そうこうしているうちに、警察官がやってきた。

 母から連絡を受けた父もやって来て、Nおばさんも来てくれた。

 「怪我してるんやったら、救急車手配した方がいいわ」と警察官。

 救急車もやってきた。

 大袈裟なことになってしまった。

 流血もしてないし、頭も打ってないんだけどなぁ。手は骨折してるかもしれないけど・・・。  

 「koharuちゃん、頭とかぶつけてなくても、衝撃受けてるんやったら、診てもらった方がええんちゃう」

 母のひとことで、またもや不安の波がやってきた。

 揺さぶれっことかみたいになったら、どうしよう・・・。

 koharuと私は母に付き添ってもらい、救急車で病院へ搬送された。

 後に残された自転車は父に任せた。

 救急車に乗るのは初めてだし、いつもと様子がおかしいのと、眠いのとでkoharuは泣きながら抱っこをせがんでいたけど、私は抱っこができなかった。

 病院に到着するときには腰が痛くなって立ち上がれなくなっていた。

 車いすで病院へ入り、診察。

 koharuを先に診て欲しかったが、先生は困り顔。

 「赤ちゃんは口がきけないし、どこも痛がってる様子もないし、見るだけじゃ分からない。押さえつけて脳波やレントゲンを撮るわけにもいかないし」

 koharu本人は、病院の先生に何かされるのを嫌がってギャアギャア泣いていた。 

 それでも「ちゃんと触診してくれ~!!」とイライラ。

 不安な気持ちのまま、レントゲン室へうつされるときに、相方がやってきた。

 「大丈夫か?koharuは?」

 泣きじゃくりながら、ばぁばにしがみついていたkoharuはパパの登場でちょっとホッとしたみたいだった。

 私もホッとした。

 「よかった。ひどいことになってるんかと思った。よくkoharuをかばったね。えらかったね」

 相方の言葉に慰められた。

 検査をしている間に、相方が先生の話を聞いたり、事故の相手と話をしたりしてくれていたようだ。

 幸いなことに、骨折はなかった。

 安静にして鎮痛剤を服用したら、2、3日で痛みはマシになってくるだろうけど、痛みが続くようならMRIとかの細かい検査が必要らしいということだった。

 腰も痛いし、しびれるなら、入院を勧められたけど、koharuもいてるし自宅に帰ることにした。

 
 痛みはあっても、食欲はあるし、いっぱい食べてから、爆睡だった。

 相方が労わってくれて、家にいてくれたので気分的にもだいぶ楽になった。

 ただ一つ、心配なことはkoharuが事故後に急変しないか?ということ。

 もしかしたら、具合が悪くなってグッタリしたり、いつもと違ってグズグズ言ったり、ちょっとでもおかしいなぁと思ったら、救急車で病院へ来て下さい。

 そう、先生に言われている。

 今のところ、大丈夫そうだ。

 しばらくの間は、母子で安静。

 抱っこもあんまりしてあげれないけど、早く治そうね。

 私も一緒に昼寝して安静にしないと!!

 左手打ちは疲れるわ。。。

 
 
 
 

コメント

NoTitle

若葉さん、大丈夫ですか!?
暑い中、アクシデントに見舞われて本当に大変でしたね。。。
でも若葉さんの怪我も大事に至らず、
何よりkoharuちゃんが無事で本当に良かったですね。
身内の方が近くにいらっしゃるのも心強いですね。
しかし相手の女性の方が無責任な感じで、私までイライラしちゃいました!

COCOは以前ベビーチェアから転落して、
頭のCT撮ってもらったことあります。
検査は大変だったけど、無事を確認できると安心できました。
本当にこういう事が起きると、
平凡でも元気に過ごせることに有り難みを感じますよね。
若葉さんもkoharuちゃんとゆっくり療養してくださいね☆

大事にね

その後大丈夫?
何だか凄い事故に遭遇したんだね。
でも、ほんと近くに身内の方がいらしたから良かったねぇ。
事故にあったすぐって、何だかアチコチ動かないよね。
私も信号待ちでオカマされた時は、首が痛くって過呼吸出るし、結局救急車で病院へ行ったわ。
その時も相手の女性はちょっと問題アリアリ風で、後に車検切れの車に乗ってたって分かり、警察に事故の取り下げを頼んでくれと言ってきたり散々だった。

ほんと、事故って相手が悪いと余計怪我も悪化しそうだよね(^^;
暫くは養生してね。

NoTitle

大丈夫ですか!?少しはお体楽になりましたか?
胸を強打したみたいで結構すごい衝突だったんだと
思います。
Koharuちゃんが若葉さんの背中にいたこと、
首を固定していたことはほんと不幸中の幸いだったんじゃ
ないかと思います。
親としては子供にちょっとでも何か起きたら・・・と
心配ですよね。。

それに相手の女性!
赤ちゃん抱えた女性が座りこんで動けないのに
その対応はなんなんでしょう。

私も自転車乗っている時のコンビニの駐車場から
すごい勢いで自転車が飛び出してきて衝突寸前でした。
そしたら相手が「前見ろボケ!」と言ってきたので
カチンときて「お前がじゃ!!」と怒鳴り返しちゃいました。
私他人に怒鳴ったのこれが初めてですw
スピード出す人は角でも出入り口でも確認しないで
そのまま出てくるんですよね。

利き手が痛くて家事育児大変でしょうが
養生してくださいね。


NoTitle

koharuちゃん後ろにいて良かったですねi-201
若葉さんとkoharuちゃん、その後
具合悪くなったりしてませんか??
自転車も飛ばすと危ない乗り物ですよねi-201
車と違ってぶつかったら生身だからケガもしやすいですよねi-182
マンション出入り口ってホント勢いよくでてきますよね!
車で引きそうになった事が何度かありましたi-203

若葉さんこれからも気をつけてくださいねi-189
お大事に・・・


NoTitle

びっくり!
大変でしたね…(>_<)
自転車同士でも、ほんと、事故は事故だからちゃんと対応しないとダメですよね。
私以前自転車と人がぶつかったのを目の前で見て、すごく大変なことになったのを見たことあるのでドキドキしながら読みましたが、koharuちゃんがとりあえずは無事なようで良かったです(;O;)
若葉さんもお大事になさって下さい…

その後様子はどう?

若葉ちゃん、パパさん、koharuちゃん、こんばんは☆

久々にきてみたらすごいことになってるね!!
その相手の女性はなんなん!!
赤ちゃんをおんぶしたままさんにぶつかっておきながら仕事が
・・・っていかれるわけないでしょが!!
まず自分で警察と救急車を呼べ!
まったく頭にくるねーー!

その後、若葉ちゃんもkoharuちゃんも何もでてない?
おんぶしていたとはいえども、よくkoharuちゃんを守ったね!!
私も心羽が7か月くらいの時かな?スリングで抱っこしててね、
コンクリの駐車場のパイロンが見えなくてけつまずいて前に転んだことあったの。
心羽も泣いたから頭でも打ったかと思ったけど、2月で分厚いコートの
フードが頭を守ってくれたのか頭は地面についたなかったのか、
打ってなかったみたいだったらよかった。
ほんと、赤ちゃんを連れての行動はママが気を付けないとだけど
そういう不意な事故は怖いねー・・・

ほんと、そばに家族がいてくれてよかったね。
体の痛みはどう? koharuちゃんも大丈夫かな?
しばらく様子を見て、ゆっくりしてね^^

お大事になさってね。

NoTitle

読んでてとてもびっくりしました。
暑いし、痛いし、心配だし・・・本当にしんどかったですよね。
その後も様子しっかりみて過ごしてくださいね。
私も自転車めっちゃ乗るので気をつけます。
まずは2人とも体調が落ち着きますように・・・

お久しぶりです♪

  シフォンさんへ

遊びにきてもらえて嬉しいです&ご心配ありがとうございます。

痛み止めは胃が荒れるのでやめてますよぉ。さすがに1日目、
2日目は飲んでましたが、打撲は痛いけど、日に日にマシに
なっていってるかんじです。

ぶつかってきた女性もかなり動転していたんじゃないかと思い
ます。うずくまって動けなくなってるし、こどもも背中にいた
し、後々になって心配になってきたみたいで、冷やしたタオル
を持ってきてくれたり、家が近いのでそこで休んで下さいって
言ってくれたり、病院や家まで謝りにきてくれたし。怪我させ
ようと思ってさせたんじゃないから、逆に気の毒になっちゃう
ぐらいでした。「仕事いくんで」にはきれましたが(笑)

まだ新入社員みたいな初々しさがあったから、遅刻もしそうだ
し、焦っていて、状況が見えてなかったのかもしれないですね。

とまあ、koharuが無事だったから言えることですけど(^^;)

シフォンさんも心羽ちゃんも怖い思いをしたんですね~。ほん
と、不幸中の幸いでしたね。夏じゃなくて冬でよかったですよ。

家で安静って1番苦手なことですが、治るまでは我慢して大人し
くしときます(^^;)

自分のことのように怒ってくれて、それから、心配してくれてあ
りがとうございました!!

Re: NoTitle

  かえさるさんへ

心配してくださってありがとうございます!!

私も自転車なしの生活はありえないんですが、ちょっと
乗るのが怖くなっちゃいました。怪我よりも心のトラウマ
の方が多いかもしれないです(--;)でも、乗らずには
いられないし、徒歩であっても、車であっても、事故ると
きは事故るんですよね。ほんとにもっともっと気をつけな
いといけませんね。

お返事、順番前後しちゃいました。

  pinkyさんへ

本当に不幸中の幸いでよかったです。心配してくださって
ありがとうございます♪

ぶつかってきた女性もかなり焦ってたんだと思います。最
初、事態を把握できてなかったんじゃないかなぁ~。徐々に
事の重大さが分かってきて、色々と動いてくれました。親御
さんと一緒に家にも謝りにきてくれましたし。最初の発言に
私もきれましたが、誠意を感じたので逆に気の毒になってし
まったぐらいです。koharuが無事だったから、そう思えるん
でしょうけど(^^;)

cocoちゃんも痛い思いをしたんですね。私も直接、ぶつけて
たらCTもMRIも押さえつけてでも撮ってもらったんです
が、どこもぶつけずに寝てたので撮りませんでした。

今のところ、ぶつかったショックで症状も出てないので、こ
のまま元気でいてくれたらなぁと思ってます。

ほんとに平凡でも元気が1番ですね。安静って苦手なんです
が早く治るように療養しますね。ありがとうございます(^^)

お返事遅くなりました。

  はなさんへ

腰が痛いときはコルセットをギチギチに巻いてます。打撲が
マシになったらカイロに行こうかなぁと思ってます(--;)

ほんと、身内が近くに住んでいてよかったです。誰もきてくれ
ないと、確実にkoharuは熱中症になっていたかもしれません。
救急車の中で体温計ったら、37度越えてましたし。普段は3
6度なのに。

私の母も私が過去吸になるんじゃないかと心配してました。
「母親はあんたしかないし、おばあちゃんじゃ、koharuちゃんは
あかんねんから、しっかりしぃや」と言われたぐらいです。母の
言葉で冷静になれました。

事故の相手は、最初は逃げるん?ってかんじでしたが、事の重大
さに気付いた後はすごく誠意がありました。まだまだ若いお嬢さ
んなので、動揺していたのかもしれないです。

とにかく、不幸中の幸いでほんとによかったです(^^)

心配してくだってありがとうございます!!

お返事

  ユミさんへ

しばらく心臓?胸かな?が痛かったです。今日になって
打撲もマシになってきましたよ。心配してくださってあ
りがとうございます。

相手の方を思えば「前見ろ、ボケ」なんて言葉は出てこ
ないんですけどね。心ない人が多い世知辛い世の中です
よね(--;)

とにかく、不幸中の幸いでkoharuが怪我しないでよかっ
たです。家事はいつも以上に手抜きですよ(笑)

Re: NoTitle

  ayumiさんへ

ほんとに不幸中の幸いでした。おんぶ派でよかったです。
たまに前抱っこで自転車を運転しているママがいますが、
あれだとkoharuはぺっちゃんこでしたよ(><。)

自動車でも自転車でも徒歩でも事故るときは事故るから、
外出するときは気をつけないといけないですよね。気を
つけてても事故に巻き込まれることもあるぐらいだし、
不幸中の幸いですんでよかったです。

ご心配おかけしました。ayumiさんもあとちょっと、お身
体大事にして下さいね(^▽^)

Re: NoTitle

  pomera+さんへ

自転車も軽車両だから、事故扱いになるんですよね。私の
知人も自転車にひかれて大たい骨を骨折したりとかもあり
ますよ。自転車、危険です。たまに怖い運転している人を
見ると、免許制度にしたらいいのにと思うぐらいです。

怪我も軽くすんでよかったです。心配してくださってあり
がとうございます(^^)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。