☆プロフィール☆

若葉

Author:若葉
2007年11月29日に相方のharuちゃんと想い出のディズニーシー・ホテルミラコスタで挙式。まだまだ新婚気分♪

関西在住で生まれも育ちも関西。犬好き、映画好き、テーマパーク好きでその他趣味多数。(ただし飽きっぽい・・・)

おもしろい事からマニアックな事までいろいろ楽しく更新できたらいいな♪ 

実家のワンちゃんブログも更新しますので、よかったらお付き合い下さいネ♪♪

新しく仲間入りしたkoharuと、いつか3人でミッキーに会いに行きたいなぁ!!


☆結婚記念日☆


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ラマーズクラスに行ってきてよかったぁ

 助産師さんともゆっくり話せたし、出産予定日の近いママたちともお話ができたし、何よりも目からウロコのようにポロンッと不安が落ちたみたいだ。


 呼吸法を習って練習するのかと思ったら、まずは初産婦の不安である陣痛の話から始まった。

 「初めてだと陣痛がどんなものか分からないのが、1番気になると思いますが・・・」

 助産師さんの前置きにみんなが「ウン、ウン」とうなづいていた(笑)

 「陣痛だと思って、病院に駆け込んで帰らされるということがよくあります。それだと、しんどい思いをして本番まで体力が残らないのでポイントを覚えておいて下さいね」


 おしるしがあったか? →病院に連絡して出血状態を伝える。危険な出血な場合もあるので病院で確認すること! 

 おしるしがあってすぐに陣痛になる人は滅多にないそうだ。中にはすぐになる人もいるけど、2~3日後になったりする人もいる。なかなか難しいことだけど、ちゃんと食べて、ちゃんと寝て、体力消耗しないようにすること。


 陣痛の見分け方 →普段からお腹の張り方を観察していると、尋常じゃない痛さとお腹の張りで分かるそうだ。

 ① 下腹部痛、腰痛、我慢できない生理痛のような強い痛さが継続して起こる。(計ってメモしておくといい)

 ② お腹が筋肉みたいに30秒以上カッチカチに継続して張る。

 ③ 痛みとお腹の張りが継続して10分間隔になる。

 3つの要素が合わさると陣痛だ。あわてずにゆっくり準備してから病院へ行ってもいいそうだ。(破水してないならお風呂もOK!) 
 

 前駆陣痛ってどんなの?

 本番の陣痛の前に起こるものらしい。陣痛と勘違いして病院へ行って、帰らされるケースもあるので3つの要素が合わさってから病院へ行く方が賢明。陣痛は寝ることもできないぐらいに痛いけど、寝れそうな痛みなら大丈夫で寝ておく方がいいそうだ。

 微弱陣痛にならないようにするためには・・・。

 睡眠不足にならないこと。ちゃんと食べておくこと。ブルーにならないこと。

 陣痛になるのが不安な日々を送るよりも、いつもと変わらずゆったり過ごすことで楽なお産ができるそうだ。


 いきむって、どんなの?

 (きちゃない話だけど)う〇こをしたいときに似ているそうだ。出したくてたまらない状態になるらしい。それを我慢してタイミングよくいきむのが難しいらしい。

 陣痛と、ママががんばっていきむのと、赤ちゃんが出てこようとがんばることでスムーズに出産が進むそうだ。

 「お母さんだけががんばるんじゃなくて、一緒に苦しいときに赤ちゃんもがんばってるんですよ!」

 お産はママと赤ちゃんの共同作業なのだ。しんどいときこそ、それを思い出すのが大事なんだって!!


 会陰(えいん)切開ってどんなの?

 赤ちゃんが出てくるときに引っ掛かったり、伸びが悪くて難産になりそうなときに麻酔テープ→麻酔をしてから切開する。どうしても嫌な場合は最初に相談しておく。医療上、切開が必要なときは必ず聞いてくれるそうだ。

 この会陰切開・・・初期の頃から不安だった。

 ジョキッと切るのが聞こえてくるらしいし、お腹を切るよりも痛そうだし

 「麻酔しているから痛みは感じないと思うよ。陣痛の痛みでそれどころじゃないだろうし 先生もギリギリまで様子を見てからするし、必ず声をかけるからね~」

 助産師さんのフォローでちょっと安心

 ここでもう1つの不安ごとを聞いてみた。

 (きちゃない話だけど)「分娩前って、浣腸するんですか?」
 
 「昔はしていたけど、今はほとんどの病院がしてないんじゃないかなぁ~。かなりの便秘で赤ちゃんが出にくいときや、お腹が張ってしんどいお母さんならする場合もあるけど、会陰切開と同じで本人の希望を聞くようにしてますよ

 「もし、分娩中に行きたくなったらどうしたらいいんでしょう?」 ←この危険大(笑)

 「子宮口7cmぐらいならトイレに行ってもらって大丈夫だけど 気付かずにそのまま自然に出てしまうものだから気にしないでいいですからね。下剤や浣腸しないようになったのも赤ちゃんが汚れないようにだから、コロンとしたう○ちならササァ~と片付けちゃうから平気ですよぉ~」

 「何も不安になる事ないよ」というようにサラッと答えてくれた。

 「自然なことなんだなぁ」とまた一つ不安が消えた。


 呼吸法だけを習うのかと思っていたけど、先にみんなが不安になるようなものをお話してくれてよかった。

 ベテラン助産師さんで話しやすい雰囲気にしてくれたので、参加しているママたちも色々聞けてよかったと思う。


 さてさて、本題の呼吸法の練習もしたぞ!!

 「ラマーズ法は痛みの緩和とリラックスが目的だけど、うちの病院ではシンプルに終始“ふぅ~”だけにしてます。呼吸法が気になって、ちゃんと呼吸ができなくなっちゃう場合もあると思うので・・・」

 ここまで助産師さんが言ったとき、ママたちはみんな「ウン、ウン」とうなづいていた(笑)

 私もラマーズ法が覚えられるか不安だったのだ。

 「覚えたとして極限の状態で実践できるか?」となると難しいだろうなぁと思っていた「どうやって、息したらいいの!?」とパニックになるだろうなぁ(笑)

 「ろうそくを吹き消すみたいに“ふぅ~”と息を吐いて下さい。すると自然に鼻から息が入って、無茶な呼吸にはならないですからね~」

 確かに息を吐きだすときに力は入れにくかった。

 「シンプルにこの呼吸だけ練習しといて下さいね。分娩のときのいきみの呼吸は、ちゃんと当日リードするから大丈夫ですよ

 めっちゃ、簡単!! 

 これなら覚えられるやん

 「あと、陣痛の合間のリラックスも大事。痛みがないときは体全体の力を抜くのも練習しときましょうね。呼吸とリラックスがスムーズなお産に近づきますよ!」

 息を吐きながら、力を抜く練習もした。

 「立ち合いをするお父さんは、力が入っているところを優しくタッチしてあげて力を抜くように教えてあげるようにして下さいね」

 1人だけパパが参加していたけど、あとはママばかりだったので、交代でパパ役をして練習した。

 和気あいあいは話せる楽しい雰囲気だった


 ラマーズクラスに参加してよかった!!

 不安ごとも解消されたし、クラスが終わってから助産師さんともお話することもできた。

 それから、一緒に居残って仲良くなったママとランチに行った。

 出産予定日が近いと同じような悩みを持っていたりするので、気が楽になった。

 逆子だったり、いろいろあるけど、元気な赤ちゃんを産む!!という目的は同じだ。

 「一緒にがんばろ~!!」って気になれた。

 不安ごとが解消されて、怖いよりも楽しみになってきた。単純だけどね(笑)

 ただの呼吸法を習うだけだと侮っていたけど、すごく為になってよかった。


 シンプル イズ ザ ベスト!!

 koharuと一緒に“ふぅ~”と“リラックス”の練習だけしておこう あ、パパも一緒にね(笑)
 

  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。